グルテンフリーとは?そもそもグルテンて??

2020年06月14日

グルテンフリー

ダイエットに健康ブーム、一度は聞く単語、”グルテンフリー”。最近では、スーパーやコンビニでも多く見られます。ですが、実のところグルテンという言葉についてよく知らない人が多いのではないのでしょうか。なんとなく、体に良くないもの?本当にいけないの?そんな疑問を解消し、実生活に活かせる情報や食材を紹介します。


 

グルテンとは?

 グルテンとは、主に小麦に含まれるタンパク質のことです。「グルテンフリー」という食のスタイルが提案される理由として、人の腸内へ悪影響を及ぼす可能性が指摘されているからです。中には、セリアック病やグルテン不耐症など、グルテンを摂取することで体調が悪化する体質の人もいます。

ダイエットに効く?

 ダイエットにもグルテンフリーとい手法が挙げられることが多くあります。グルテンには、血糖値の上昇や食欲増進効果があるとされており、グルテンの摂取を制限することで食欲や代謝のコントロールがしやすいと言われています。ただし、グルテンフリーが直接的に痩せる効果をもたらす訳ではありませんので注意が必要です。
 しかし、私達の食生活の中には、小麦はふんだんに使われています。よく家庭でつかう食材、調味料、料理の成分表をみてみると「こんなところに?」というところにも含まれています。徹底したグルテンフリーも悪くはありませんが、まずはストレスをかけすぎないよう、一つ一つチャレンジしてみると良いでしょう。自分にあった置き換え食材を見つけると楽しくチャレンジができます。すぐに手に入るグルテンフリー食材

すぐに手に入るグルテンフリー食材

すぐに手に入るグルテンフリー食材 パンケーキ

グルテンフリーを試してみたい!という人向けに、まずは購入しやすい食材何種かを紹介します。代表的な料理も載せますので、チャレンジしてみてください。
1米粉
小麦に代替する食材として一番挙げられるのが米粉。米粉パンや米粉のホットケーキ、工夫をすれば様々な料理に変身します。

2ビーフン, フォー、春雨
麺類の置き換えはこれらデンプン質からできた食材が挙げられます。スーパーでも簡単に手に入るのでおすすめです。

3和菓子・おせんべい
甘いものが食べられない、という意見が多々ありますが、和菓子はグルテンフリーのものが非常に多いです。脂質も少なく、ダイエット中のおやつには向いています。一部、モナカやどらやきなど、小麦を含む和菓子もあるのでご注意ください。

4プリン、ゼリー
卵やゼラチンからできているこれらのデザートもOK。

 一般的にグルテンに対して過敏に反応する身体でなければ、劇的に体調がよくなる、悪くなるといったことはないそうです。むしろ、小麦自体にも多く栄養素が含まれるため、バランスの良い食事ができていなければ栄養不足になることも考えられます。サプリメントなどでしっかりとバランスをとった食事を心がける必要があります。自分の身体にあった食事と健康方法を無理なく、美味しく、楽しく。あなたの体にあったスタイルを見つけていきましょう。

【参考サイト】
https://premiummarche.com/read/glutenfree.html
https://voguegirl.jp/beauty/wellness/20190130/4basic-knowledge-of-gluten-free-diet/